ボーイング、納入首位を陥落 昨年380機 墜落事故響きエアバスに大敗

 米航空機大手のボーイングは14日、2019年商用機の納入機数が380機にとどまったと発表した。欧州エアバスの納入機数の半分にも届かず、世界トップの座から陥落した。2度の墜落事故を起こした「737MAX」の影響が響いた。
産経Biz ビジネスニュース