三村明夫・日商会頭、米中の第1段階合意を評価

 日本商工会議所の三村明夫会頭は16日の定例記者会見で、米中両政府が貿易協議の「第1段階」合意に署名したことを受けて、「関税戦争が続いた場合の世界に対するリスクは大きかった。リスクが底打ちし、さらなる悪化が防げたことは大きい」と述べ、両国間の合意を評価した。
産経Biz ビジネスニュース