中国「ウィンウィン」演出に苦心 米中合意、実行迫られる内容

 【北京=三塚聖平】習近平指導部は中国経済の減速が懸念される中で、米国との全面対立を避けるべく署名に漕ぎ付けた。国有企業への補助金廃止といった国家体制に関わる要求はひとまず退けたものの、合意内容には中国に実行を迫るものが目立つ。そのため中国側が「平等」の結果を演出するのに苦心していることもうかがわれる。
産経Biz ビジネスニュース