令和最初の歌会始 お題は「望」 陛下、子供の明るい未来をお詠みに 

 新年恒例の「歌会始の儀」が16日、皇居・宮殿「松の間」で「望」をお題に行われた。天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻、寛仁親王妃信子さまのお歌、一般応募の1万5324首(選考対象)の中から入選した10人の歌などが古式ゆかしい節回しで披露された。天皇陛下のお招きで歌を詠む召人(めしうど)は、歌人の栗木京子さん(65)が務めた。療養中の皇后さまが歌会始の儀に出席されたのは平成15年以来、17年ぶりとなった。上皇ご夫妻は出席されなかった。
産経Biz ビジネスニュース